期待大!シマノ 22SLX DC XT I-DC5搭載で軽量ルアーも扱いやすい

22SLX DC XT ベイトリール
出典:シマノ 22SLX DC XT
スポンサーリンク

実際にDCブレーキ搭載リールを使うまで『DCはバックラッシュしない』と思っていたヨッシーです。

2022年、シマノ春夏モデルの新製品がついに発表されました!

今回は22ステラが発表されたということもあり、他のモデルがあまり目立たなくなっていますがベイトリールに面白いモデルが隠れていました。

それがこちら。
22SLX DC XT

今回は、22SLX DC XTの特徴と20SLX DCの違いを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

SLXとは

シマノ SLXシリーズは、基本性能は抑えながらコストパフォーマンスに優れた初級者から中級者向けのベイトリールです。

ソルト(海釣り)での使用も可能ですがスプール系が小型のモデルがほとんどなので、ライトゲームやバス釣りの活躍がメインのシリーズとなっています。

今年発売予定の22SLX DC XT含め、SLXを冠するベイトリールは以下の4種類です。

  • 22SLX DC XT
  • 20SLX DC
  • 21SLX BFS
  • 19SLX MGL

22SLX DC XTの注目ポイント

22SLX DC XTの注目ポイントは、以下の3点です。

  • I-DC5搭載で遠投性能よし、耐バックラッシュよし
  • MGLスプールⅢ搭載でI-DC5の性能を最大限に
  • マイクロモジュールギア搭載でシルキーな巻き心地

I-DC5搭載で遠投よし、耐バックラッシュよし

出典:シマノ 22SLX DC XT I-DC5

待ちに待ってたという感じですが、ついにSLXにもI-DC5が搭載されます。
20SLX DCを所有していますが、もう少し調整幅があったらうれしいな、と思っていたんですよね。

22SLX DC XTI-DC5は、カルカッタコンクエストDCのものを移植ということで3モードの内部ダイヤル(ナイロン、フロロ、PEのラインによって選択)と、ルアーのウェイトに応じて調整する5段階外部ダイヤル(4ボリュームセミオート+Wモード)でSLX DCよりも細かい調整が可能となります。

20SLX DCが苦手とする軽量ルアーも投げやすく、遠投性能や耐バックラッシュ性能も向上しています。

MGLスプールⅢ搭載でI-DC5の性能を最大限に

出典:シマノ SLX DC XT MGLスプールⅢ

I-DC5とセットで搭載されるのがこのMGLスプールⅢ。

20SLX DCはスプールの重量がネックでスプールの立ち上がりが鈍く、どうしても軽量ルアーを扱うのが苦手でした。

22SLX DC XTは、MGLスプールⅢを搭載することでその弱点を克服しています。

また、スプール径が33mm、幅21mm、こちらもカルカッタコンクエスト100番と同じサイズになっているのでスプール幅が少し狭い分、レベルワインダーとの角度も緩やかになり、より遠くへキャストすることが可能となります。

その分、糸巻き量が減りますが、ガッツリ海で使用しなければ問題ないでしょう。

マイクロモジュールギア搭載でシルキーな巻き心地

マイクロモジュールギア

22SLX DC XTにはマイクロモジュールギアも入っちゃいます!

20SLX DCの巻き心地は良くも悪くもなくといった感じでしたが、マイクロモジュールギアを搭載することにより、軽い滑らかな巻き心地となります。

また、ギアの歯数が増えることで強度もアップし、巻き上げも強くなります。

ラインナップとスペック

22SLX DC XTは、3タイプのギア比(ノーマルギア、ハイギア、エキストラハイギア)と左右ハンドルの計6種類がラインナップされます。

品番ギア比最大
ドラグ力
(kg)
自重(g)スプール
(径/幅mm)
糸巻量
ナイロン
(lb-m)
最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ハンドル長さ
(mm)
ベアリング数
BB/ローラー
70
(右ハンドル)
6.25.519533/2112-100
14-90
16-80
20-65
64427/1
71
(左ハンドル)
6.25.519533/2112-100
14-90
16-80
20-65
64427/1
70HG
(右ハンドル)
7.45.519533/2112-100
14-90
16-80
20-65
77427/1
71HG
(左ハンドル)
7.45.519533/2112-100
14-90
16-80
20-65
77427/1
70XG
(右ハンドル)
8.15.519533/2112-100
14-90
16-80
20-65
84427/1
71XG
(左ハンドル)
8.15.519533/2112-100
14-90
16-80
20-65
84427/1

技術特性

22SLX DC XTの技術特性は下記の通りです。

出典:シマノ 22SLX DC XT 技術特性
  • マイクロモジュールギア
  • Xシップ
  • HAGANEボディ
  • マグナムライトスプールスリー
  • I-DC5
  • S3Dスプール
  • S A-RB
  • スーパーフリースプール
  • 海水OK

22SLX DC XTの外観は?

出典:シマノ 22SLX DC XT

外観はどうでしょう。

これまで通り、SLXの特徴であるシマノブルーも差し色に使われていて、スプールとかはガンメタっぽい色でかなり高級感がアップしたような気がします。

実物を見るまでは何とも言えないですが、好みのデザインに仕上がっていそうです。

まとめ

22SLX DC XTの発売予定は、

  • 70、70HG、70XG → 2022年5月
  • 71、71HG、71XG → 2022年6月

となっています。

本体価格がちょい高めの¥35,000。
実売価格が恐らく¥25,000前後。

21スコーピオン DCより少し安いぐらいです。

20SLX DCに若干不満があっただけに早く使ってみたいですね。

気になる方はチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました