24ツインパワー発売決定!残念ながら密巻き搭載

出典:シマノ 24ツインパワー
ヨッシー

なんとなくステラよりツインパワーの方がフラッグシップのイメージがあったヨッシーです。

ついに2024シマノ春夏モデルの新製品が発表されました。
そして、大方の予想通り、このスピニングリールのモデルチェンジが発表されました。
そう、24ツインパワーです。

そして、
24ツインパワーに『あのテクノロジー』が搭載されるのか?
24ツインパワーと24セルテートどっちが売れるのか?
気になりますね。

今回は『24ツインパワー』の特徴と旧モデルからどれほど進化を遂げたのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

24ツインパワーの特徴と進化ポイント

ではさっそく24ツインパワーの主な特徴と進化ポイントを見ていきましょう。

  1. 残念ながらインフィニティループ搭載されます!
  2. デザインがステラよりに!
  3. 20ツインパワーから引き続き金属製ローターを採用
  4. アルミニウムとCI4+のハイブリッドボディ
  5. インフィニティクロスでギアの耐久性が2倍!!
  6. インフィニティドライブによりパワフルな巻き上げ
  7. アンチツイストフィン搭載でライントラブルを抑制
  8. DURAクロスでドラグの耐摩耗性が10倍に!!

残念ながら?インフィニティループ搭載されます!

出典:シマノ インフィニティループ

インフィニティループ。別名「密巻き」。

スプールの上下運動を超低速にすることでスプールへラインの巻き付きが密となり、気持ちいいキャスティングとスムーズなライン放出を可能とするのがインフィニティループ。

残念ながら?24ツインパワーにインフィニティループの搭載が確定となってしまいました。

ラインスラック(糸ふけ)が出るような釣りにおいてインフィニティループを搭載する22ステラや23ヴァンキッシュはライントラブルが発生し易くなるといわれています。

最近、夜釣りに行くことが多く、ライントラブルは致命的なんで23ヴァンキッシュの出番が極端に少なくなってしまいました。

個人的にインフィニティループは非搭載を希望していたんですが・・・残念です。

デザインがステラよりに!

24ツインパワーは20ツインパワーと比べデザインが大きく変わりました。

出典:シマノ 24ツインパワー

特に大きく変わったのがカラーリング。
24ツインパワーは少し暗めのガンメタリックで統一されています。

ベールの固定箇所とハンドルの付け根付近に一部、ゴールドが差し色として入っていますがいい感じでアクセントになってます。

20ツインパワーはゴールドが多めに入っていてあまり好きではなかったんですが、今回は落ち着いたカラーですごく好みです。

夢屋のライトウェイトカスタムスプールと合わせてもいいかも。

20ツインパワーから引き続き金属製ローターを採用

今や汎用スピニングリールのローターのほとんどがカーボン樹脂か高強度樹脂を採用している昨今。質実剛健のコンセプトを踏襲すべく、20ツインパワーから引き続き24ツインパワーにも金属製ローターが採用されます。

実績十分のカーボン樹脂CI4+製ローターであったとしても大物とのファイトではわずかなたわみや歪みが発生してしまいますからね。

24ツインパワーは金属製ローターを採用することでこのたわみや歪みを抑制し、剛性感のあるステラ並みの安定したリーリング性能を獲得しています。

アルミニウムとCI4+のハイブリッドボディ

20ツインパワー発売当初こそ話題となった『半プラボディ』。
既に剛性と耐久性については実証済ですよね。

24ツインパワーはフット部分にアルミニウム、ボディ部にCI4+のハイブリッドボディを採用。
巻いているときにたわんだりすることもなく軽量化にも貢献しています。

とはいっても、他社のライバル機である24セルテートはフルメタルボディであるだけにツインパワーにフルメタルボディを望む声があるのも事実。
少しの重量増しは許容できるのでフルメタルボディを実現して欲しかった、って声が聞こえてきそうです。

自分の使用においては半プラで十分ですが。

インフィニティクロスでギアの耐久性が2倍!!

出典:シマノ インフィニティクロス

ギアの耐久性をアップさせる技術特性がこのインフィニティクロス

ドライブギアとピニオンギアの接地面積を向上させることでギアの歯にかかる負荷を減らし、ギアの耐久性を向上させることに成功。なんと耐久性が2倍です!!

自分の場合、エギングでの使用も考えていますがジャーク時には相当なギアへのダメージがある
ので、インフィニティクロスの搭載はギアへのダメージ軽減に繋がり非常にありがたい。

24ツインパワーが搭載する重要なテクノロジーの一つといってもいいでしょう。

インフィニティドライブ搭載でよりパワフルな巻き上げを獲得

出典:シマノ インフィニティドライブ

Xシップの進化系であるインフィニティドライブ

これまでパワフルな巻き上げが必須であったSW(ソルトウォーター)モデルや22ステラや23ヴァンキッシュに搭載されているインフィニティドライブが当然24ツインパワーにも搭載されます。

ツインパワーの代名詞でもあるパワフルな巻き上げがインフィニティドライブの搭載でより磨きを掛けることになります!

アンチツイストフィン搭載でライントラブルを抑制

出典:シマノ アンチツイストフィン

ラインローラー近くに設置されたアンチツイストフィン

アンチツイストフィンを搭載することでラインのたるみを抑えることが可能となり結果、インフィニティループのライントラブルを軽減させてくれます。

ただし、アンチツイストフィンが搭載されたからといってライントラブルがなくなるわけではないんで油断は禁物ですけどね。

DURAクロスでドラグの耐摩耗性が10倍に!!

出典:シマノ DURAクロス

インフィニティループ以外にもドラグ性能を向上させるテクノロジーとしてDURAクロスを搭載。

繊維方向が直交する形で織り込まれた新しい材料をドラグワッシャーとして用いることで滑らかなドラグ性能はそのままで耐摩耗性が10倍以上アップとなります。

大物とのファイトが想定される24ツインパワーにDURAクロスの搭載は釣り人へ大きな安心感をもたらしてくれることでしょう。

24ツインパワーのラインナップとスペック

24ツインパワーは、 2000~5000番まで計13種類がラインナップされます。

品番ギア比実用ドラグ力
(kg)
最大ドラグ力
(kg)
自重(g)スプール
(径/幅mm)
糸巻量
ナイロン
(号-m)
糸巻量
ナイロン
(lb-m)
糸巻量
ナイロン
(mm-m)
糸巻量
フロロ
(号-m)
糸巻量
フロロ
(lb-m)
糸巻量PE
(号-m)
最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ハンドル長さ
(mm)
ベアリング数
BB/ローラー
本体価格
(円)
C2000S5.12317543/13.5-3-125
4-100
5-75
0.14-145
0.16-105
0.18-80
-3-110
4-85
5-65
0.6-150
0.8-110
1-80
69409/153,500円
C2500SXG6.32318044/13.5-5-110
6-95
8-70
0.16-150
0.18-120
0.20-95
-4-130
5-100
6-80
0.6-200
0.8-150
1-120
87459/153,500円
2500S5.12.5421047/17-5-110
6-95
8-70
0.16-150
0.18-120
0.20-95
-4-130
5-100
6-80
0.6-200
0.8-150
1-120
75509/154,000円
2500SHG5.82.5421047/17-5-110
6-95
8-70
0.16-150
0.18-120
0.20-95
-4-130
5-100
6-80
0.6-200
0.8-150
1-120
86559/154,000円
C30005.13.5921547/172.5-180
3-150
4-100
-0.25-210
0.30-130
0.35-100
2.5-160
3-130
4-100
-1-400
1.5-270
2-200
75509/154,000円
C3000MHG5.83.5921547/171.5-165
1.7-150
2-130
8-130
10-110
12-85
0.25-125
0.30-85
-8-110
10-90
12-80
1-190
1.2-150
1.5-120
86559/154,000円
C3000XG6.43.5921547/172.5-180
3-150
4-100
-0.25-210
0.30-130
0.35-100
2.5-160
3-130
4-100
-1-400
1.5-270
2-200
94559/154,000円
3000MHG5.73.5923547/171.5-165
1.7-150
2-130
8-130
10-110
12-85
0.25-125
0.30-85
-8-110
10-90
12-80
1-190
1.2-150
1.5-120
84559/155,000円
4000M5.361126052/192.5-160
3-120
4-90
-0.25-165
0.30-120
0.35-80
3-110
4-90
5-65
-1.2-250
1.5-200
2-150
87559/155,000円
4000PG4.461126552/193.5-170
4-150
5-125
-0.30-180
0.35-130
3-190
4-145
5-115
-1-490
1.5-320
2-240
72579/156,000円
4000MHG5.761126052/192.5-160
3-120
4-90
-0.25-165
0.30-120
0.35-80
3-110
4-90
5-65
-1.2-250
1.5-200
2-150
93559/155,000円
4000XG6.261126052/193.5-170
4-150
5-125
-0.30-180
0.35-130
3-190
4-145
5-115
-1-490
1.5-320
2-240
101579/155,000円
C5000XG6.261126552/194-190
5-150
6-125
-0.35-175
0.40-120
4-170
5-135
6-115
-1.5-400
2-300
3-200
101579/156,000円

出典:シマノ 24ツインパワー スペック

24ツインパワーのテクノロジー

24ツインパワーのテクノロジーは下記の通りです。

  • HAGANE
  • HAGENEギア
  • マイクロモジュールギアⅡ
  • Xシップ
  • HAGANEボディ
  • インフィニティーループ
  • インフィニティクロス
  • インフィニティドライブ
  • DURAクロス
  • サイレントドライブ
  • アンチツイストフィン
  • Xプロテクト
  • Gフリーボディ
  • AR-Cスプール
  • ロングストロークスプール
  • Ci4+
  • リジットサポートドラグ
  • S A-RB
  • ワンピースベール
  • 海水OK

内容は、24ツインパワーにCI4+が使用されている分、多くなっていますが内容的に22ステラと同等のテクノロジーが搭載されます。
もちろん、搭載されるテクノロジーは同じでも22ステラの中身は別物でしょうけどね。

気になるのは『24ツインパワー vs 24セルテート』

今年は24ツインパワーのライバル機となるダイワ24セルテートも登場します。

24セルテートはフルメタルのモノコックボディにエアドライブデザイン採用でトラブルレスで操作性が高く、剛性感の強いパワフルなリールへ進化を遂げています。

極端な話、24ツインパワーはトラブルはあるかもしれないけど魅惑的なリールで24セルテートは何でも卒なくこなすトラブルの少ない優等生のリールといった感じでしょうか。

両方購入して使い比べることができるのならそれが一番ですが、両者ともにメーカーの本体価格が¥55,000前後と結構なお値段。

外観は好みがあるんで分かれそうですが、個人的に24セルテートより24ツインパワーの方が好みなんですよね。
インフィニティループが搭載されていなければ24ツインパワーが売れると思うんだけどな・・・

ということで皆さんは24ツインパワーと24セルテートどちらを購入しますか?

24ツインパワーの発売日はいつ?

シマノ公式サイトによると2024.01.04時点で発売日が未定となっています。
近年、シマノは発売日を過ぎることが多く、去年あたりから発売日未定となることが多くなりましたね。
未定と油断していたら突然、来月発売みたいなこともあるんで油断できません。

予想としては2024年3月発売ぐらいを考えていますがどうでしょう。

まとめ

24ツインパワーは予想通りのテクノロジー搭載でしたが、外観は期待を大きく裏切りものすごくカッコいいリールに仕上がっています。

そして、同時期に発売される24セルテートとどちらが人気があるのか?すごく気になります。

現時点で発売日は未定となっているんでシマノ公式サイトでの発表を楽しみにしながらお金を貯めて発売を待つことにしましょう。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥44,017 (2024/03/02 23:03:11時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました