ダイワ SLロッドケース(B)はコスパもよくデザインもGood!おすすめ

ダイワ SL ロッドケース(B) 収納・クーラー
ダイワ SL ロッドケース(B)
スポンサーリンク

釣り具はシマノ派のヨッシーです。

ロッドが増えるにつれ合わせて増えていくのがロッドケース。(自分だけ?)
結構、ロッドケースも高くてついつい安いものを買っちゃうんですが、収納力であったり機能面や耐久面で買って後悔しちゃいます。

最近、釣り具店でいいロッドケースがないかチェックしていたところ、『これはいい!』と思えるロッドケースを見つけることができたのでご紹介したいと思います。

それがこちら『ダイワ SLロッドケース(B)

今回は『ダイワ SLロッドケース(B)』の特徴とお気に入りポイントをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

購入したのはダイワ SLロッドケース 140S(B)ブラック

ダイワ SL ロッドケース(B)
ダイワ SL ロッドケース(B)

今回購入したのは、ダイワ SLロッドケース 140S(B)ブラック

主にシマノの無印スコーピオンを収納する目的で購入しました。
シマノの無印スコーピオンは、ワン&ハーフのロッドで仕舞寸法が130cmと決まっています。

なので高さが140cmのダイワ SLロッドケース 140S(B)をチョイス。

カラーはカーキより好みのブラック。
多分、もう一つ購入しそうな気がするのでそのときはカーキを選ぶかも。

ダイワ SLロッドケース(B)の特徴

自分が気に入っているダイワ SLロッドケース(B)の特徴は以下の通りです。

  • デザインがシンプルでカッコイイ
  • ダイワのロッドケースなのに安い
  • ラインナップが豊富
  • 内部にクッション素材が敷かれているので衝撃を多少防げる
  • 持ち運びに便利なハンドル付き

デザインがシンプルでカッコイイ

ダイワ SLロッドケース(B)の一番のお気に入りポイントは何と言ってもデザインがシンプルでカッコイイとこ。

ブラックを基調に白が差し色で入ってかなりシンプル。
暗いところでも目立つようにリフレクターが付いてます。

ダイワのロゴマークが相変わらずデカすぎ

少し残念なのが、ダイワのロゴマークがやたらデカくて白くて目立つとこかな。(俺はシマノ派なのだ)

ロッドケースの底部分は網目のようなデザインになっていて凝っています。
このアタリのデザインが安っぽく見えなくて好きですね。

ダイワのロッドケースなのに安い

ありがたいことに、このダイワ SLロッドケース(B)意外と安いんです。

メーカー希望本体価格が¥2,600~¥4,800です。

自分は近くの釣具店で140Sブラックを¥3,460で購入することができました。

かなり安くないですか?


ラインナップが豊富

次にダイワ SLロッドケース(B)のうれしいところは、サイズ違いの仕舞寸法が52cmから170cmまで7種類とラインナップが豊富なところ。

品名本体外寸(cm)メーカー希望
本体価格(円)
ブラックカーキ
52S(B)約9X8X552,600
85S(B)約9X8X883,000
110S(B)約9X8X1133,600
125S(B)約9X8X1283,900
140S(B)約9X8X1434,200
155S(B)約9X8X1584,500
170S(B)約9X8X1734,800

出典:ダイワ SLロッドケース(B)

52Sだと機内持ち込みに対応していて、自分のロッドサイズにあったものを選択できるのでうれしいですね。

内部にクッション素材が敷かれているので衝撃を多少防げる

内部には簡易的なクッションあり

内部にはロッドに傷が付かないように簡易的なクッションが敷かれています。
過剰な期待は禁物ですが、衝撃からロッドを守ってくれます(たぶん)。

固定するためのロッドベルト

あまり使いませんがロッドを固定するための簡易的なロッドベルトも付いています。
自分の場合、ロッドケースがパンパン(3本ぐらい)になるほど詰めて収納するのでロッドベルトで縛らなくても動きません。

試しにスコーピオンを2本収納するとこんな感じです。

スコーピオンを2本収納した場合

少し隙間があるのでもう1本どうにかすれば入ります。

3本が限界

ただし、スコーピオンの場合、ガイドがでかいんで2本がちょうどいいかも。

持ち運びに便利なハンドル付き

安いのにハンドルついてます

これが意外と自分にとって重要だったりします。

このロッドケースにはショルダーベルトが付いているんですが肩に掛けずにそのまま持ちたいこともあるんですよね。

そのときにこのハンドルが付いていると楽に持つことができます。

大抵のロッドケースには付いてると思うんですが、アブガルシアの安いロッドケースには付いてなくて不便だったんですよね。

アブガルシアのロッドケースにはハンドルがついてません

安いものにはいろいろとコストカットされる箇所があるんですが、このロッドケースは安いのにハンドルもついてて助かります。

気になった点

ダイワ SLロッドケース(B)、正直かなり気に入っていて悪いところが見つかりません。

強いてあげるとすれば以下の点でしょうか。

やはり値段が値段なんで耐久性が気になります。
釣り場ではどうしても雑に扱う傾向があるので、いくら大事に扱っているつもりでも地面に擦ったりしてしまいます。
擦ったところからどうしても破けてしまうんですよね。

あとはやっぱりダイワのロゴがデカすぎるところかな。

まとめ

コスパに優れたダイワ SLロッドケース(B)。マジでおすすめです。

ダイワのロッドケースにはSLロッドケース(A)もあります。

違いはデザインが違ってるのと内部の固定ベルトがマジックテープになってて、SLロッドケース(B)よりもちょっと高いです。

SLロッドケース(A)60Sも持ってるんですが、こっちも結構おすすめです。

ロッドケースをお探しの方はダイワ SLロッドケース(B)も検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました