ベイトリール

22クラド DC 糸巻量が多いハイコストパフォーマンスモデル

22クラド DC
ヨッシー

DCブレーキには電池が内蔵されていると思っていたヨッシーです。

2022年、シマノ秋冬モデルの新製品がついに発表されました!

発表前には『スコーピオン DC MDがでる』だとか『スコーピオン 200がでる』といった予想もありましたが、まぁ名前は違えど予想通りのモデルがやはり発表されました。

それがこちら『22クラド DC』。

今回は、22クラド DCの特徴と注目ポイントを見ていきたいと思います。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥22,880 (2024/05/19 06:14:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥25,252 (2024/05/19 06:14:06時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

20クラド DCの注目ポイント

20クラド DCの注目ポイントは以下の3点です。

  • ワイドスプールが誇る圧倒的な糸巻量
  • ブレーキシステムはI-DC4搭載
  • コストパフォーマンスが高い

ワイドスプールが誇る圧倒的な糸巻量

20クラド DCの一番の特徴は、スプール径35mm、幅28mmのワイドスプール。
200番と言われるアンタレス DC MDと同等のナイロン20lb-100mを巻くことができます。

この糸巻量があれば20lb以上のラインでもある程度の長さを確保することができるのでビックベイトを扱うにも適しているし、ソルトでも十分に活躍することができます。

また、最近増えているナロースプールより糸巻径の減少が抑えられるので、93cmのハンドル1回転の最大巻上長をルアーの着水直後から活かすことができ、スムーズなアクション操作へと移行できます。

残念なのはマグナムライトスプールではないってことですね。

ブレーキシステムはI-DC4搭載

注目のDCブレーキシステムはI-DC4
SLX DCにも採用されている通称、音痴DCと呼ばれるDCブレーキです。

リールのクラス的にも21スコーピオン DCより下位にあたるのでI-DC4の採用は仕方ないところです。

もう少し調整幅が欲しいと思うことも多々あるDCブレーキですが、22クラド DC用に使いやすく、遠投性能に優れ、そしてバックラッシュし難いようチューニングされることでしょう。

コストパフォーマンスが高い

22クラド DCの魅力は、この基本性能を兼ね備えていながら本体価格が¥32,000(税別)とかなりコストパフォーマンスの高いモデルであるということですよね。

基本性能でいくと、マイクロモジュールギアが入っているのでシルキーな巻き心地は保証されたもの。さらにX-SHIP、HAGANEボディ、そしてI-DC4とポテンシャルの高さがが伺えます。

この性能でこの価格ですから、ついつい手を出しそうで怖い!

ラインナップとスペック

22クラド DCは、2タイプのギア比(ハイギア、エキストラハイギア)と左右ハンドルの計4種類がラインナップされます。

品番ギア比最大
ドラグ力
(kg)
自重(g)スプール
(径/幅mm)
糸巻量
ナイロン
(lb-m)
最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ハンドル長さ
(mm)
ベアリング数
BB/ローラー
200HG7.45.522535/2812-165
14-145
16-120
20-100
81456/1
201HG7.45.522535/2812-165
14-145
16-120
20-100
81456/1
200XG8.5523035/2812-165
14-145
16-120
20-100
93456/1
201XG8.5523035/2812-165
14-145
16-120
20-100
93456/1

技術特性

22クラド DCの技術特性は下記の通りです。

  • マイクロモジュールギア
  • Xシップ
  • HAGANEボディ
  • I-DC4
  • CI4+
  • S3Dスプール
  • S A-RB
  • スーパーフリースプール
  • 海水OK

22クラド DCの外観は?

外観はどうでしょう。

シマノ公式ページの画像を見るとスプールやハンドル、スタードラグなど、緑っぽい色をしています。
個人的にリールに緑というカラーがあまり好きではないのでイマイチですが、緑が好きな方は結構はまっちゃうんでしょうか。

形状は、スコーピオンのまんまなので癖もなくカッコイイのではないでしょうか。

まとめ

22クラドDCの発売予定は、

  • 200HG、200XG(右ハンドルモデル) → 2022年10月
  • 201HG、201XG(左ハンドルモデル) → 2022年11月

となっています。(発売日はズレないでね)

本体価格が21スコーピオンDCより安い¥32,000(税別)。
実売価格が恐らく¥22,000~25,000ぐらいでしょうか。

シマノから新しいビッグベイトの発表もありましたので、ビッグベイト用リールをお探しの方はチェックしてみてください。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥22,880 (2024/05/19 06:14:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥25,252 (2024/05/19 06:14:06時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました